リポソームは高い保湿効果と浸透力が魅力

  • 飲む点滴とも呼ばれる甘酒に期待できる美容効果

    • 最近多くの人々の間で大きな注目を集めているのは、飲む点滴とも呼ばれる甘酒です。

      甘酒を作るのに使われる米麹にはコウジ酸がたいへん豊富に含まれています。

      目的に応じて飲む点滴に今、注目が集まっています。

      実は、このコウジ酸がシミやそばかすのもととなるメラニンの生成を抑えるのに大きな効果があると言われているのです。


      また、飲む点滴である甘酒にはビタミン群も豊富に含まれているゆえに、乾燥しがちなお肌に潤いを与え、くすみを解消することさえできるようになります。

      また、飲む点滴として人気が高まっている甘酒には、アンチエイジング効果も期待できると言われています。



      これは、甘酒に含まれるフェルラ酸の働きによるものです。フェルラ酸には抗酸化作用や抗菌作用があるため、活性酵素を除去することができ、老化を防ぐというわけです。


      さらに、飲む点滴である甘酒にはオリゴ糖や食物繊維が豊富に含まれているため、便秘を解消する効果も期待できます。これによって大腸内の善玉菌の活動を活発にし、腸内環境を整えることができるため、肌荒れを改善するなど美容面での効果も実感できるようになります。

      これらに加えて、もともと甘酒は疲労回復の効果があることで知られていたように、消化や吸収を助ける働きがあるとともに、エネルギーを効率良く転換する効果があります。

      そのため、飲む点滴によって栄養素が効率良く体に吸収され、疲労を回復することができるのです。



      その結果、美肌作りに大いに効果があると言えるのです。

top