リポソームは高い保湿効果と浸透力が魅力

  • 飲む点滴「甘酒」の効果

    • 近年美容や健康に良いとして注目されているのが、飲む点滴とも呼ばれている「甘酒」です。

      甘酒とは、昔から飲む点滴と呼ばれている飲み物で、江戸時代では夏バテ予防に飲まれていた飲み物になります。


      飲む点滴と呼ばれる由来は、その栄養素のほぼ20%がブドウ糖で、その他にはビタミンB群、葉酸、食物繊維やオリゴ糖、必須アミノ酸にシステイン、グルタミン酸などほとんど点滴と同じ成分が含まれています。
      ただし、酒粕から作られるものと、米麹から作られるものの2種類があり、美容効果などを期待できるのは米麹から作られるものです。

      飲む点滴について悩んでいませんか。

      具体的な効果としては、美白効果がまず挙げられます。
      原料となる麹には、シミや美白に効果のあるコウジ酸が豊富に含まれています。また、肌に対しては必須アミノ酸が天然保湿因子を増やして潤いを保ち、ビタミンB群が肌の健康を保ち、ターンオーバーを整えます。
      ビタミンやアミノ酸は他にも、腸内で不完全燃焼を越している脂肪や糖分、タンパク質をエネルギーにします。



      腸内環境を整える食物繊維とオリゴ糖も入っていることで、腸内環境を整えて便秘を改善し、腸内が活発に動くと基礎代謝を上げることができます。ダイエットにも効果的で、ブドウ糖が入っているため少量でも満足感を得ることができます。


      そのため、食事の前に少しだけ飲んだ後に通常に食事をとると食事の量を抑えることが可能です。



      栄養が豊富なため、置き換えダイエットとしてもオススメとなります。

top